読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FindingMyDad

認知症を患い行方が分からなくなった父の捜索と。。

高齢者用のGPS機能付トレースデバイスはこれだ「PING」

探し求めていた高齢者、特に徘徊をされる方に持っていて欲しい「もの」がついに見つかった。これは昨日(2017/02/12)にふとCnet Japanを眺めていた時の事だった。

過去記事 : GPS機能付小物について - FindingMyDad

 

その名は「Ping

これは、ネットワークコマンドのping(ICMP)ではない。

GPS+Bluetoothがついた小型のトレースデバイス(トラッキング)だ。

この製品を評価した理由は、1.小型、2.バッテリーライフが長い、3.GPS、4.防水、5.アプリ連動、6.持ちたくなるデザイン(外観)

 

下記のINDIEGOGO掲載の写真を見て分かる通りこのサイズでこのデザイン。そしてGPSでの位置特定。やっぱりあるじゃないか!と。以下少し詳しく記載していきます。

f:id:toratake27:20170213112238p:plain

出典:INDIEGOGO

https://www.indiegogo.com/projects/ping-the-world-s-smallest-global-gps-locator-bluetooth#/

 

youtu.be

 

Ping」の特徴と機能

【特徴】

小型、防水、GPS、Blutooth、スマートフォン用アプリケーション(iOS, android)

【機能】

3ヵ月持つバッテリ(1回の充電)

1つのアプリで複数Pingの利用可

バイス(物)についているボタンを押すことで、「助けて」を知らすことが可

【他製品との優位性(比較) 】

f:id:toratake27:20170213112821p:plain

出典:INDIEGOGO 

https://www.indiegogo.com/projects/ping-the-world-s-smallest-global-gps-locator-bluetooth#/

 

【デバイス同梱物】

f:id:toratake27:20170213120241p:plain

出典: INDIEGOGO 

 

 契約と費用(試算)

初回1個購入は、1年のアプリ利用(データ含む)権が付く、2年目以降は年額が必要

 

1個(デバイス)を購入した場合で試算(定価)US$1=¥110

購入と初年 Ping   x1(個)US$130 (約¥14,300)+日本国内利用$10(¥1,100)

次年(年間)データ利用料 US$ 36 (約¥3,960)+日本国内利用$10(¥1,100)

まとめると

購入時約15,400円、翌年以降年間約5,060円

 

メーカーと現状(課題)

 ファウンダーのジョシュアさん含む3名で製品コンセプトからデザイン、協力会社とのビルドをされているようです。

資金調達

活動の資金をINDIEGOGO(クラウドファンディング)にて調達しており、現在まで46万3千ドル(5千万円強)集められました。当初目標の926%になるとのことです。

 

クラウドファンディングといいますのは、アイデアを形にしたい場合、資金が必要ですが、この資金をより多くのアイデアを気に入って頂いた方からの支援(支援者は育てようという気持ち)で成立させ調達する方法を差します。

事業継続 

この製品とサービスについて、当初資金調達は成功されたと言って良いと思いますが、

問題になってくるのが事業継続性の話になるかと思います。

利用中に運営資金のショートでサービスが止まったという事態は避けたい所です。

そのためか1デバイス(個)年間36ドル(4,000円弱)を支払う事で運営停止になる事業側のリスクを回避する目的があると考えられます。

国内でGPSを使ったサービスと比較しても大した差にならないため、妥当な金額とも思います。

ローカライズ

 サイトのローカライズ(日本語化)は分かりません。ユーザが多くなれば日本語化の可能性も高くなるのではと考えています。といっても、さほど難しい機能でもないため、最初から日本語化に対応するかもしれませんね。ここは見守っていきましょう。

 

デリバリと日本国内での取り扱いについて

デリバリ&シッピング(出荷)の時期ですが、今年2017年の7月を出荷予定しているようです。

国内での取り扱い業者は今の所見当たりません。直接サイトへ行きオーダをする他ないのが現時点での状況となります。

ただ、Distributor向け価格もサイト内に展開されていましたので、国内の卸業者さんの方で展開するかもしれません。

 

冒頭で触れた眺めていたサイト。CnetJapanの記事は下記。 

japan.cnet.com

 

 本内容に関連した過去の記事

toratake27.hatenablog.com

toratake27.hatenablog.com